顎 ニキビ 治らない

虫歯が顎ニキビの要因に?

大人ニキビの一種である顎ニキビですが、実は虫歯が原因で発生する場合があります。

 

なぜ虫歯によって顎ニキビが発生するのか

虫歯を長期間放置していると、膿が溜まったりガスが出てきたりする事になります。
身体の内部については、このような膿やガスは血液に乗って外に出ていきますが、
口内の膿やガスは、実はなかなか外に出ていってくれないのです。

 

そして、これを身体が無理矢理外に出そうとした結果、ニキビが出来てしまうのです。

 

顎ニキビを酷くする習慣

ですから、虫歯だけでなく歯周病にも気を付けましょう。

 

口内でガスが発生すれば、やはり口臭が酷くなります。
実際、口臭に限らず体臭というものの大半は、
体内の毒素が外に出る事によって生じているのです。

 

マスクやガムなどでも一時的にごまかせるかもしれませんが、
やはり歯医者に診てもらう事が必須です。

 

放っておけば口内環境はさらに酷くなり、
もっとガスが溜まってニキビが増えていくだけです。

 

また、口呼吸を継続してガスを追い出すというのも無理があります。
口内が乾いて雑菌が繁殖してしまうからです。

 

虫歯を治してニキビを防止しましょう

ですから、スキンケアを頑張っても顎ニキビが改善しないのであれば、
虫歯などの口内のトラブルが起きている可能性があるのだと言えます。
ニキビ以外のトラブルの併発あり得ますので、すぐに歯医者に出向いて下さい。

 

また、日頃から虫歯を予防する事も大事です。
歯磨きやうがいを丁寧に行い、場合によってはデンタルリンスも用いましょう。

 

また、歯医者さんでは、虫歯を治すだけでなく予防もしてくれますので、
定期的に通うのも良いでしょう。これは、年代を問わずあらゆる人に言える事です。